猫や犬たちとの暮らし|耐震性や広さだけでなく設備に拘って注文住宅を作る

耐震性や広さだけでなく設備に拘って注文住宅を作る

レディー

猫や犬たちとの暮らし

一軒家

日当たりの良い出窓

南大阪において注文住宅の魅力は自由に設計できるところです。猫と一緒に住む場合快適になるような環境とは、どのようなものでしょうか。猫の平均寿命は15年です。住みづらい空間になっているとお互いがストレスを抱えて生活しなければなりません。猫にとって必要な環境とは上下運動ができることです。キャットウォークを造ってあげることで本能的に動くことができ猫も見ている家族も楽しむことができます。また猫は日当たりの良いところが好きなため出窓を造ってあげることで、空間が広く感じられて猫も上下運動になります。そして爪とぎの習性にたいしては、柱に麻縄を巻きつけることで家具や絨毯を傷つける可能性が低くなります。南大阪でもこれらの設備を注文住宅で整えてあげることは、猫と快適に生活するための条件になるでしょう。

動きやすい動線を考える

犬の場合は猫の上下運動と違って水平移動が中心になります。そのため南大阪で注文住宅を設計するときは動きやすい動線を考えてあげることが必要です。また犬の視界は白黒になっていて近眼です。特に階段の段差は苦手なため、なるべく傾斜をゆるくしてあげ滑り止めをつけてあげることで転倒を防ぐことができます。床にも滑りにくい加工をしてあげることで転びにくくなり人にとっても安全です。そして犬が散歩から帰ってきたとき汚れを落としやすいように洗い場を入口付近に設置しておくと便利です。毎日のことなので慎重に決めたい項目になります。そのほか犬は夏場が苦手なため洗い場で水を飲んだり水浴びができるようにしたりすると更によいでしょう。これらのように注文住宅で環境を整えてあげることは南大阪でも犬と楽しく暮らしていくために必要なものです。人間だけで済む場合も、ペットと一緒に注文住宅で暮らす際も、どのような内装にしたいのか不動産屋と相談しながら慎重に決めていきましょう。